キリスト教の保育園で働いた時の体験談

保育士って。

・周りの保育関係のお仕事をしていなかったり、少し年配の方とお話をしていると、決まって「保育士って子供たちと遊んですごすから楽しそうだし、楽そうだよね」なんて言われてしまいがちです。まだまだ、保育関係ってそうみられているからお給料の問題とかあるんだろうな。。。と日々思ってしまいます。今日はなかなか普段書けないエピソードなどがかけそうだったので書いてみたいと思います。

2どうして私が保育士になろうと思ったか。

・小学校から高校生に上がるまで、私はいじめられてきました。とても陰湿なものから、いたずら程度もたくさん味わってきました。少しでも子どもの中で、いじめというのを頭の中から引き離したい、私のようにいじめられる子どもを減らしたいと思い、子どもとかかわれる職場に就こうと高校正の時から思い始めました。

3実際に働いてみて思ったこと

・私が今働いている職場は、キリスト教の保育園で、毎週礼拝堂に行って牧師からのお話を聞いたりしています。子どもたちがわかるようにお人形を使ったりしていて小さい子供たちも15分以上静かにみていられます。その中でよく、おともだちとの話に例えて話をしています。子供たちに質問をしながら話を進めていくので、ちゃんと話を覚えています。そのおかげもあって、いじわるする子はいません。(喧嘩はよくありますが・・・)
なかなか、宗教系の園ではないとこのような話をみんなで聞くこともないので、私にとってこの職場はいいものです。

また、働いて思ったことは、保育以外にも書類仕事の多さ。年間指導計画、月案、週案、個別案、日案、おたより、行事に向けての準備など
あげるときりがありません。書類仕事はもっぱら仕事が終わってからでないとできません。でも、その中でも、「来月はみんなとどんなことをして過ごそうかな」など、計画を立てる時間はとても楽しいです。1年間の指導計画を見ると、「こんなに成長したんだ」と親のような目線になってしまいます。

まだ、小さい子どものクラスの担任しかやっていませんが、私は好きな仕事です。お給料の問題さえどうにかなってもらえれば、十分です。笑

最後まで読んでいただきありがとうございました。

保育士試験に独学で受かるためのおすすめテキスト4選

保育士試験の受験者がよく使う、おすすめのテキストを紹介します。保育士試験を独学で受けるためのおすすめ参考書には、「『新 保育士養成講座』シリーズ」「『ユーキャン 保育士講座』通信教育テキスト」「『いちばんわかりやすい保育士合格テキスト』」「1回で受かる!保育士過去問題集」といった全部で4つのテキストがあります。今回はこれらの中から2つのテキストを下記にまとめてみました。

[『ユーキャン 保育士講座』通信教育テキスト]

『ユーキャン 保育士講座』通信教育テキスト

社団法人日本通信販売協会会員
運営会社:株式会社ユーキャン

職務や子育てが大変でもマイペースで進行でき、 能率的でわかりやすいテキストです。また、講師の貴重なご助言がもらえるリビジョン支援も兼備しています。

○ポイントを明確に定義したオリジナルテキスト

過去から最新試験までの傾きを明らかにします。満点ではなく合格点の6割を目標とするので、試験によく出るところに絞った効率教材なので、全くの初心者でも堅実に合格力が身につきます!また、イラストや図表をたくさん載せています。内容が把握しやすく、見識 の「スピード」と「ワイド」の向上に役立ちます。また、テキストは字間・行間がゆったり。文字が大きく、読みやすいレイアウトで、最後までムリせず継続できる内容です。

[『いちばんわかりやすい保育士合格テキスト』]

『いちばんわかりやすい保育士合格テキスト』
コンデックス情報研究所著/近喰 晴子監修/ 成美堂出版刊
単行本: 335ページ

当教材に書かれている内容をよく調べて見ると本試験に割りと教材内容から出題されていたという意見も多いようです。最新試験の出題の傾きにフィット した一冊です。たくさんの図表と理解しやすい文章で無茶をしないで学べます。随所に「○×式一問一答問題」を載せています。自分の理解力をすぐに確かめることが可能です。

○最新試験の出題の傾きに完全対応

真にフライングゲットしたい重要人物リストをピックアップしています。レッドシートで用語が隠せる保育所保育指針。

保育士としての誇りを忘れない大切さとは

私は小さい頃から保育士になるのが夢で、5年前資格をとり念願だった保育士として保育園で働いています。

女社会なので人間関係が原因で辞める人が多いと先輩方から聞いていたので、働くまでは怖いと思っていましたが、少しはどろどろした部分はありますが、思っていたよりも凄く快適な職場環境でした。

今は育児休暇中ですが5年間念願だった乳児で働いています。

一人一人子供の成長は異なり毎日発見があり、歩くようになる・話をするなどの成長を目撃できた時の感動や子供の笑顔や名前を呼ばれるたび幸せな気持ちになり、保育士になって良かったと日々感じます。

毎年何歳の担当になるかわからず、持ち上げだと保護者から『今年も先生が担任で嬉しいです。先生が担任で子どもが喜んでいます』などと声を掛けていただいた時や学年が変わるとき『一年間ありがとうございました。自宅で先生の話をよくします』などと聞くととても嬉しく今年頑張ろう・一年このクラスの担任になれて良かったと思いました。

保護者よりも一緒にいる時間の長い担任の先生の雰囲気や接し方などによりそれぞれクラスの雰囲気が異なる事を学び一人一人保育士の言動は注意するべきだと思いました。

モンスターペアレントと呼ばれる保護者もいて大変ですが、今自分も親になりどれだけ保護者の方が不安なのかどれだけ子供の事を思っているのかなど、気持ちが良くわかるようになり職場復帰するのが楽しみです? 中には無理な要望などもありますが、出来ることは全てしたいと感じました。

保育士になって、大変な事が多い一年ですが、一年を振り返るとあっという間な一年ですし、日々幸せに感じます。

この先も今の保育園で働きたいですが、職場までの距離が遠い為今の保育園で働けなくなるかもしれませんが職場が変わってもたくさんの子供と接する事の出来る保育士という職業に誇りを持っているので、保育士として働きたいです。私にとって保育士は天職なので働いています。

保育士をやっていてよかったなーと思うこと3つ

ハードワークで、安月給、休みの日までイベントの準備などして本当に大変な仕事、それが保育士ですよね。あまり知らない人からは子供と遊んで楽しいでしょうとか、いいお母さんになれそうで素敵なお仕事ね、女の子の憧れね、などと言われることもありますが、実際は本当にハードな体力仕事です。でも、そんな保育士の仕事をやっていてよかったなぁと思うことがいくつかあります。

合コンでモテる

合コンで、「なんの仕事してるの?」と聞かれ、「保育士です」と言うとかなりの確率で男性陣には好感触です。優しくて、女らしくてお母さんになったときに子供の世話が上手、という印象があるようです。隣で「CAです」と言われてしまうと全く勝ち目はないですが、そんなに飛び抜けた人がいなければたいてい男性1人くらいからは連絡先を聞かれます。

あらゆる場所で子供に好かれる

飛行機の中や新幹線、レストラン、あらゆる場所で子供が急に泣き出す場面に誰でも遭遇するかと思いますが、そんなときにもサッと対応できます。お母さんがあやしても全く泣き止まなかったのに私があやすと泣き止むどころか笑い出したときには、周りの人から「さすがだね!」「なんでー!?すごいー!」と言われたりしました。毎日、赤ん坊やなきじゃくる子供たちの中で過ごしているだけあるな、と自分でも思います。また、紙とペンさえあればささっとおもちゃを作ってあげたりもできるので、そういう知恵がついたのはとても良かったです。また、保育士の資格があれば保育所以外でも働き口があるところもいいところです。

子供や親に直接感謝される

子供が卒園したり、クラスが上がったりすると、お手紙をもらうことがよくあるのですが、「先生ありがとう」とか「大好き」などと書いてあると、とても嬉しいです。また、保護者の方から直接お礼を言われることも頻繁にあり、何かを通してでなく直接感謝をされるということはとても嬉しいなと思います。一緒に時間を過ごした子供たちが卒園したりすると、やはりとても寂しいのですが、たまに街中で小学校に通う子供たちにあって「せんせーい!」と声をかけられることもあり、そんな時にはこの仕事をしていてよかったな、と心から思います。

コミニュケーション関係が不得手ならアドバイザーがおすすめ!

保育士の転職体験談(46歳/女性/パート/栃木/保育園)

自分の転職のトリガーは、過去ずっと子育て期間を除いては、ひたすら正社員で労働していましたが、正社員の職務が肉体的にも精神的にも辛くなって来て、パートタイムで週3ほどで勤められる所に就きたいと考えたことでした。子育ても区切りがつき、先々大きな払い出しもなく、費用に関しても正社員の月給ほどは要らなかったので、主人も頼みを引き受けてくれました 。

どのような転身活動をしましたのか

始め、インターネットの求人サイト内で再三捜索して回っていただけでしたが、社員募集をかけるのみでは自分が尽力しているヴィジョンが想起しづらく、 細密な要件面もどこまでアドバイスを得られるのかもよく理解できなかったので、何はさておき 、メンバー登録して、アドバイザーから詳しい話を聞くようにしました。そこからは、お気に入りの求人情報が見つかると、ただちにアドバイザーと話し合いをし、その後、エントリーという反復活動で、最後に入社が決まる までには、2ヶ月間くらいの手間を要しました。

転身活動で着想したことについて

今までは、正規の社員としてエンプロイメントしていたこともあり、エクスペリエンスやチャイルドケアテクニックのようなものに関しては、常に、上手にこなせることに自信がありました。面談の時には、その考えを確実に明瞭に売り込むようにして、雇用するサイドに信頼をするように、一生懸命肝に銘じました。その功を奏して、社員募集欄で掲載されていた時間給よりも、もっと高い時間給で雇用してもらうことに成功しました。

これから転身する人への忠告

保育所でのパートタイマーの場合はいかに要件面で上手くかけ合うことができるかどうかがとても重要だと思っています。時間給のことは当然ですが、就労日数や就労時間、オーバータイム などは望んだ通りになるようにできる限りのかけ合うことをすることを推奨します。求人広告に叙述されている事項は100%コンサルテイションレベルなので、エクスペリエンスを上手く売り込めれば、条件面は フレキシブルにコントロールしてもらえます。にお願いしてしまうのも良いと思いますよ。

ハローワークを使うメリットとデメリット

保育士資格は持っているけれど、フルタイム正職員は今ではお休みな子育て中ママです。そりゃあ若い頃、とくに新卒にて保育士仕事を探す際には、やっぱり正職員にこだわりましたよ。

けれども、結婚をしてからというもの、そして子どもを生んでからは「扶養の範囲内でいいやー」と思うようになりましたね。そのような「今は気楽な働き方」な私ですがこれまでの保育士の求職活動知識を少し披露〜ということで。

やっぱり保育士の求職はハロワ強し?

保育士職の求人を探す際に、やっぱり外せないのがハローワークだったりするのですよね。そりゃあ今では民間の求人サイトがたくさん開設されていますし、内容だって大充実といったところでしょう。

インターネット版のハローワークと比べましても、民間の求人サイトは圧倒的に使いやすいものですからね。それに最近では保育士に特化したインターネットサイトだって開設されていますからね。

求人検索にしたって、こう言ってはストレート過ぎますけれど、民間の求人サイトとハロワのweb版では雲泥の差…ぐらいなものですから。

しかしや〜っぱり、保育士の求人に関しては「ハロワ強し!」とは常々感じてしまうのですよね。と、言いますか、保育士の求人を探す際には、ハロワは絶対に外せないぐらいなものでしょう。

民間の求人サイトとハロワの求人サイトの両方ともにに登録している保育園ないしこども園はあったとしても、民間の求人サイトのみというところは、まああまりないことだったりしますからね。

それに自治体運営の園の場合は、ハロワのみでの求人募集が圧倒的に多いですから、ですからこそやっぱり「保育士の求人探しにハロワは外せない」というものなのです。

保育士求人をハロワで探すデメリットは?

保育士求人をハロワで探すデメリットと言えば、先ほども言いましたけれど、やっぱり使い勝手の悪さですね。民間の求人サイトと比べますと、ハローワークの求人検索は本当に使い辛いですから。ハッキリ言ってしまっても、最低限の求人検索なのですよね。

その上に、インターネット版のハローワークで保育士求人を見つけたとしてもweb応募ができませんので、最寄りのハロワに出かけていかなくてはならないのです。ですからまあ、面倒くさい…と。まあ仕方のないことなのですけれど。

保育士・幼稚園教員として勤務して行く上でのやりがいとチャームについて

厚労省は、潜在保育士(保育の現場で仕事をしていない保育士資格取得者)を対象にアンケートを実施したところ、保育士のエンプロイメントを渇望しない訳合いとして、「月給が願望と合っていない」が5割くらいと一番多い結果となっていました。

保育士の人手不足が増悪している中、月給が全職種の均衡より少ないというのは改良しないとならい点です。

けれど、保育の職務を長期継続している人がたくさんいる事も真実です。

愛くるしい子供達の微笑み

お金には代えられない保育士としての挑戦しがいやチャームがいっぱいあります。

それでは、具象的にどういった点が保育士、または幼稚園教員のバイタリティになっているのでしょうか?

それは、なんといっても子供達のニコニコとした本当に愛らしい微笑みが見られることです。愛くるしい微笑みを見るだけで、仕事から来ている疲労一気に掻消えるし、子供の微笑みに惑わされて自分自身も微笑むようになってしまいます。

「子供大好き」「子供の微笑でモチベーションが上がる」という訳合いで保育士や幼稚園教員を志す人がたいていなのではないでしょうか。

子供の発育が間近で見られる

保育園の場合、入園したばかりの時分は、ミルクを飲用していた赤ん坊が、その後徐々にベビーフードにチェンジして、またしばらくすると這い這いが出来るようになり、次に歩けるようになり、話もできるようになります。子供が育成するプロセスをファミリー以外で最も身近に感じられるのは保育士や幼稚園教員ではないでしょうか。「先生大好き」と言ってくれた時は、今までずっと一生懸命やって来て本当に良かったと心から思えるモメントです。

両親から、最近子供がこんなことができるようになったとの一報を受け、「先生に任せて本当に良かった」と有難がられると保育士や幼稚園教員になって本当に良かったとさらに痛感することができます。

自身も育成できる

子供は非常にプレーンで人をホスピタリティマインドで満ち満ちています。涙している子がいれば心配して必ず声をかけます。喧嘩をしている子がいたら関係を修復させようとします。「ごめんなさい」と詫びたら必ず「いいよ」と見逃してあげます。やってはいけない事をしている子がいたら必ず念押しします。

このように、モーメントの事態の子供の行動は、大人の私達であっても思わず唖然とする ことがたくさんあります。「子供の育成を見送っているつもりでしたが、気がついたら自身も育成させられている事を悟りました」と答弁する保育士や幼稚園教員は多いです。