保育士試験に独学で受かるためのおすすめテキスト4選

保育士試験の受験者がよく使う、おすすめのテキストを紹介します。保育士試験を独学で受けるためのおすすめ参考書には、「『新 保育士養成講座』シリーズ」「『ユーキャン 保育士講座』通信教育テキスト」「『いちばんわかりやすい保育士合格テキスト』」「1回で受かる!保育士過去問題集」といった全部で4つのテキストがあります。今回はこれらの中から2つのテキストを下記にまとめてみました。

[『ユーキャン 保育士講座』通信教育テキスト]

『ユーキャン 保育士講座』通信教育テキスト

社団法人日本通信販売協会会員
運営会社:株式会社ユーキャン

職務や子育てが大変でもマイペースで進行でき、 能率的でわかりやすいテキストです。また、講師の貴重なご助言がもらえるリビジョン支援も兼備しています。

○ポイントを明確に定義したオリジナルテキスト

過去から最新試験までの傾きを明らかにします。満点ではなく合格点の6割を目標とするので、試験によく出るところに絞った効率教材なので、全くの初心者でも堅実に合格力が身につきます!また、イラストや図表をたくさん載せています。内容が把握しやすく、見識 の「スピード」と「ワイド」の向上に役立ちます。また、テキストは字間・行間がゆったり。文字が大きく、読みやすいレイアウトで、最後までムリせず継続できる内容です。

[『いちばんわかりやすい保育士合格テキスト』]

『いちばんわかりやすい保育士合格テキスト』
コンデックス情報研究所著/近喰 晴子監修/ 成美堂出版刊
単行本: 335ページ

当教材に書かれている内容をよく調べて見ると本試験に割りと教材内容から出題されていたという意見も多いようです。最新試験の出題の傾きにフィット した一冊です。たくさんの図表と理解しやすい文章で無茶をしないで学べます。随所に「○×式一問一答問題」を載せています。自分の理解力をすぐに確かめることが可能です。

○最新試験の出題の傾きに完全対応

真にフライングゲットしたい重要人物リストをピックアップしています。レッドシートで用語が隠せる保育所保育指針。