保育士・幼稚園教員として勤務して行く上でのやりがいとチャームについて

厚労省は、潜在保育士(保育の現場で仕事をしていない保育士資格取得者)を対象にアンケートを実施したところ、保育士のエンプロイメントを渇望しない訳合いとして、「月給が願望と合っていない」が5割くらいと一番多い結果となっていました。

保育士の人手不足が増悪している中、月給が全職種の均衡より少ないというのは改良しないとならい点です。

けれど、保育の職務を長期継続している人がたくさんいる事も真実です。

愛くるしい子供達の微笑み

お金には代えられない保育士としての挑戦しがいやチャームがいっぱいあります。

それでは、具象的にどういった点が保育士、または幼稚園教員のバイタリティになっているのでしょうか?

それは、なんといっても子供達のニコニコとした本当に愛らしい微笑みが見られることです。愛くるしい微笑みを見るだけで、仕事から来ている疲労一気に掻消えるし、子供の微笑みに惑わされて自分自身も微笑むようになってしまいます。

「子供大好き」「子供の微笑でモチベーションが上がる」という訳合いで保育士や幼稚園教員を志す人がたいていなのではないでしょうか。

子供の発育が間近で見られる

保育園の場合、入園したばかりの時分は、ミルクを飲用していた赤ん坊が、その後徐々にベビーフードにチェンジして、またしばらくすると這い這いが出来るようになり、次に歩けるようになり、話もできるようになります。子供が育成するプロセスをファミリー以外で最も身近に感じられるのは保育士や幼稚園教員ではないでしょうか。「先生大好き」と言ってくれた時は、今までずっと一生懸命やって来て本当に良かったと心から思えるモメントです。

両親から、最近子供がこんなことができるようになったとの一報を受け、「先生に任せて本当に良かった」と有難がられると保育士や幼稚園教員になって本当に良かったとさらに痛感することができます。

自身も育成できる

子供は非常にプレーンで人をホスピタリティマインドで満ち満ちています。涙している子がいれば心配して必ず声をかけます。喧嘩をしている子がいたら関係を修復させようとします。「ごめんなさい」と詫びたら必ず「いいよ」と見逃してあげます。やってはいけない事をしている子がいたら必ず念押しします。

このように、モーメントの事態の子供の行動は、大人の私達であっても思わず唖然とする ことがたくさんあります。「子供の育成を見送っているつもりでしたが、気がついたら自身も育成させられている事を悟りました」と答弁する保育士や幼稚園教員は多いです。